大阪風俗検索ワードwiki

的確な大阪の風俗検索ならお任せ!

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

風俗検索ワードwikiについて

大阪風俗索引

大阪水商売索引

* 水商売営業用

* 水商売求人用

大阪以外のエリア

* 北海道

* 東北

* 茨城・千葉

* 埼玉・群馬・栃木

* 東京

* 神奈川

* 甲信越

* 北陸

* 静岡

* 東海

* 京都・滋賀

* 奈良・和歌山

* 兵庫

* 中国

* 四国

* 福岡・九州北部

* 熊本・九州南部

* 沖縄

* サイトマップ

大阪_風俗

大阪 風俗

『大阪 風俗』とは、大阪で営業をしている風俗店の大部分が、SEO対策をする際に検索ワードとして選定するワードである。

Googleキーワードプランナーによる月間平均検索ボリュームは74,000。競合性は『低』とされる。

概要

大阪の風俗店がこぞって検索順位を上げようと手を変え品を変えSEO対策に取り組んでいるワード。類似のワードに『風俗 大阪』などがあるが、こちらは月間平均検索ボリュームが9,900と一気に検索ボリュームが下がる。

だが、どちらで検索をしても大抵の場合はシティヘブンネットぴゅあらば口コミ風俗情報局などの大手ポータルサイトが幅を利かせ上位に君臨していることが多く、単体の店舗がこの『大阪 風俗』のワードで上位になるのは至難の業である。

何故なら、『大阪 風俗』で検索すると、前述のポータルサイトの他に、多数の系列店を持つ大手風俗グループ店、ホテヘルデリヘル、待ち合わせ型、店舗型といった全ての営業形態の風俗店が含まれるからである。

更には風俗店の他に風俗体験ブログなども参戦してくるため単体の風俗店では勝負にならないことも多い。

そもそも、ユーザーは漠然とした感じで『大阪 風俗』と検索しているであろうことは想像に難くない為、単店のホームページよりは多数の店が掲載されているポータルサイトの方が情報量的にも需要に合うのではないかとも考えられる。

それでも多くの風俗店がこの『大阪 風俗』というワードに拘るのも事実。そして、拘り過ぎて真のユーザー目線を捉えられなくなってしまっているのも事実だと思える。

特に、このワードでSEO対策をしようとするのはほとんどが風俗店であるとも言え、風俗業界に浸かり過ぎて、風俗で遊ぶ側の目線よりも風俗を運営する側で考えてしまいがちである。

『大阪 風俗』で探している人が何を求めているのか、本質を考えた方が結果に繋がりやすいのではと思えてならない。

芸人が名前を出すことでも知られる『秘密倶楽部グループ』や、『シティヘブン』のTOP画像や誌面の表紙によく出てくる『やんちゃな子猫』などのように全国的知名度がある風俗店ならともかく、それが無い場合、よりエリアを狭めた『梅田 風俗』や『京橋 風俗』『西中島 風俗』などで上位表示を目指した方が、長い目で見たら効果的ではないだろうか。

ミドルワード・スモールワードを組み合わせたロングテールで勝負するという事も時には考えた方が良いだろう。

寸評

大阪ではビッグワードと呼べるくらい検索数が多いが、それでも月間74,000である。そして、この分野を包括する『風俗』というワードでさえ月間平均検索ボリュームは368,000。 一般的に考えて、そんなに風俗のことばかり考えている人ばかりとも思えないので妥当な数字であるとは言える。

但し、このGoogleキーワードプランナーによる月間平均検索ボリュームはそのワードと完全一致した場合にカウントされているようなので、部分的に一致している場合は除外される。例えば『大阪 風俗 求人』などとした場合は『大阪 風俗』には含まれない。

『大阪 風俗 ホテヘル』や『大阪 風俗 ヘルス』も同様。とは言え、大阪には出張などでやってくる地方からの風俗客も多く、大阪の地名に明るくない人も少なくない。そういった層が大阪で風俗遊びを考えた時に、とりあえず『大阪 風俗』で検索してみて、出てきた結果から自分が行きやすいと思われる地名があれば、そこを見てみるという感じではないだろうか。

上記の様な使い方を想定すると、やはりしっくりくるのはシティヘブンやぴゅあらばなどポータルサイトの使用に辿り着く。なんといっても、色々なジャンルの店も掲載されていて、エリアも選べるし、女性の画像から在籍している店を調べることもできれば、写メ日記や動画などコンテンツが充実している。

お店の紹介ページに移動すれば料金システムや出勤情報も確認でき、多くの場合はそのサイトを見たことで特別割引が使用出来たりして、何かとお得な場合が多い。

その上、お店のオフィシャルHPでは実装していないネット予約も、そのサイトを通してなら出来る場合も多く、大阪に向かう新幹線などの各種交通機関に乗っている際にもこっそりと予約を入れることが可能である。

こう考えるとユーザーが使う『大阪 風俗』という風俗検索ワードに対する需要として相応しいのはやはり風俗のポータルサイトではないだろうか。もしくはブランディング戦略が成功し、大阪の風俗と言えばこの店という様な立場を確立した全国レベルの知名度があるような店であれば上位表示を狙いたいワードである。

もし自店でSEO対策を考えていて、そこまでメジャーな店ではないという自覚があるのなら、エリアを狭めたワードの方が有効かもしれない。

例えば、より範囲を狭めた『梅田 風俗』『難波 風俗』『日本橋 風俗』などにすると競合店がエリアごとに分散するため多少は上位表示されやすくなる。

先にも書いたが、エリアを分散化する理由としては、大阪外から来る人がそもそも大阪の地名まで把握していないだろうという点である。大阪の地名を把握していないなら、『大阪 風俗』でざっくりと検索して、ポータルサイトなどで気になる店を探してから、そのエリアの場所を調べるのではないだろうか。

地名を把握している場合はその逆で、まず行きたいエリアを決めてからそのエリアにある風俗店を探すので、やっぱり『梅田 風俗』などの『細かい地名+風俗』というワードで検索するのが一般的ではなかろうか。

今現在、梅田にいて梅田の風俗店を探すのに、頑なに『大阪 風俗』で検索する人は稀だと思う。ただ、Google検索も進化しているので、現在は『大阪 風俗』で検索したとしてもGPSなど位置情報により現在地に近い店が表示される様になってはいるが。

この仕様の為、梅田にいる状態で難波の風俗店を探したい時は『難波 風俗』と入力する必要があることからわかるように、やはり『大阪 風俗』で対策するならポータルサイトなどの情報が多いサイトにして、風俗店単体のサイトでワードを対策する時は『梅田 風俗』などにした方が良さそうである。

ものは考えようということで、地域特化型の生存戦略を立てることも時には必要だと思われる。

大阪の風俗店について

大阪には多数の風俗街があり、なかでも新大阪駅近くの西中島や、十三、そして大阪駅近くの梅田兎我野町などが有名。 ミナミの方でも谷町九丁目、日本橋、難波などが風俗街として賑わっている。

大阪の風俗街はそのエリアごとによって特徴があり西中島や難波は若い女性の店が多く、十三や谷町九丁目は人妻・熟女系の店が多い傾向がある。 梅田の兎我野町になると、多種多様な風俗店が混在し一種のカオス感を醸し出している。逆を言えば、兎我野町にさえ来てしまえば大抵の種類のお店は揃っていると言える。

この他、京橋や心斎橋にも規模は小さいながらも風俗街が存在しており西心斎橋の辺りでは『ヘルス』が多く見られる。

大阪_風俗.txt · 最終更新: 2019/03/03 by betaproject

ページ用ツール